2021年欧冠直播平台_体育官网下载~

图片

2019/10/21

もっともっと挑戦したい!

オーディションで勝ち取った映画出演

外国語学部国際英語学科3年 棚橋賢侑さん

興味があった役者の世界。オーディションで合格すると、短編映画に初出演。これをきっかけに、将来は役者の道もひとつの選択肢に。一方、高校教師を目指して、教員免許や英語専門の資格取得のために、学びの時間も大切にしている棚橋さんに、映画出演から将来の希望まで、熱く語ってもらいました。

  • facebook
  • twitter

Q映画出演のきっかけとなったのは?

A

大学に入学するまでは、テレビドラマや映画が大好きで、特に邦画をメインによく見ていました。大学に入ると、舞台に興味が出て、ファンだったモデルさんが初舞台に出演すると聞き、東京まで見に行きました。終演後、そのモデルさんと話しをすることができ、「上京して役者にならない?」と聞かれました。当時は、1年生で大学生活が始まったばかりだったので、時間的にも精神的にも余裕がなく、行動を起こすことはありませんでした。ただ、モデルさんからの言葉はずっと頭に残っており、授業や部活、アルバイトにも慣れてきた2年生の秋に、ネットで芸能事務所などのオーディションを調べていた時、見つけたのがネット上の映画祭のオーディションでした。このオーディションに合格し、3年生の4月に公開となる15分のショートフィルムに出演するチャンスを掴みました。

Qどのような映画だったのですか?

A

15人がひとつのチームとなって、6作品を作って上映するというものでした。オーディションで全国から選ばれた総勢90名のうち、演劇経験のない素人は、私を含めて3、4人しかいませんでした。2年生の10月から翌年の2月まで月に2回東京までレッスンに通い、3月に撮影。4月にWEB公開されました。